太陽光発電の強み

住宅用太陽光発電

コストメリット

導入費用を抑えて多くのお客様へ太陽光発電は、発電量と導入費用で選びましょう! 太陽光発電システムはさまざまなメーカーから発売されており、国内メーカーは性能が良いなどの利点がありますが、導入費用が若干高めです。それに対して、国内メーカーに劣らない品質で、なおかつ価格も抑えた導入しやすいラインナップを取り揃えています。 使用するパネルの種類、屋根の形など個々の条件によっても価格は変わりますが、多くのお客様にご利用頂けるようにただ安いだけでなく発電効率とのコストパフォーマンスを重視しています。 【平成25年度太陽光発電システム 住宅用補助制度】

長期に渡り安心の保証体制

信頼出来る保証が大事ですシステム保証体制について 太陽電池モジュールは25年間の発電保証、システム周辺機器は10年保証に加えて、施工不良(設置完了後の施工の不具合による製品の落下や、家の雨漏り等の事故が発生し与えてしまった建物、その他対人、対物への損害)、製品不良(設置完了後、製造上の欠陥が原因で建物所有者や第三者の身体、財物に危害を与えた場合)にも10年間の保証。火災・自然災害にも10年保証がついております。

※ ご提案メーカーにより、内容が異なる場合があります。

HEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)を標準装備

HEMS利用図エネルギーを「見える化」。ECOHONET Liteにも対応! HEMSは、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(Home Energy Management System)の略で、センサーやIT技術を活用して、住宅のエネルギー管理を行うシステムです。エネルギーが、いつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」し、家中の機器を一括してコントロールしたり、自動的にエネルギー使用量を最適化します。さらにECOHONET-Lite(エコーネットライト)*1にも対応し、長期に渡りご家庭の安定した創エネをサポートします。

HEMSって何?

HEMSとは? 政府のエネルギー基本計画においてスマートメーターを「2020年代の可能な限り早い時期に、原則全ての需要家に導入」という目標が掲げられましたが、震災以降の電力需給逼迫を背景に、電力使用情報の見える化、電力の需給状況に応じた柔軟な電気料金メニューなどを実現するツールとして、スマートメーターに期待が高まり、導入目標も「今後5年以内に総需要の8割」に前倒しになりました。 スマートメーターと家庭における間の標準インターフェースとしてHEMSを、その通信プロトコル(規格)としてECHONET-Liteを推奨することが決定し、自然エネルギーや省エネの拡大に向けた政府のグリーン政策大綱案でも、家庭内のエネルギー消費量を管理するホームエネルギー・マネジメントシステム(HEMS)を2030年までに全世帯に普及させるなどの目標が盛り込まれ、いよいよ2010年代では加速的なHEMSの普及が見込まれています。

*1 ECOHONET Lite(エコーネットライト)とは、2030年に全ての白物家電が対応予定の通信規格で、家電製品、太陽光発電や蓄電池、ヒートポンプ給湯器、電気自動車などとの間で情報をやり取りし、遠隔制御することができます。